株を始めたばかりのあなたはまだ知らないでしょう。初心者が特に気を付けた方がいい株の落とし穴ってご存知ですか?わからなかったあなたは当サイトで一緒に学んでいきましょう!

中小企業の株の考え方とローンで資金を用意する

東証やマザーズ、ジャスダックなどの株式市場に上場するには、一定の基準をクリアしなければなりません。そのため、上場を果たすのは、ある程度の規模を持つ、大手企業ばかりです。中小企業にはなかなか難しい壁ですので、株式会社として存在したとしても、未上場のパターンが大勢を占めています。
しかし、株式自体は発行していますので、これを使って他人から出資を依頼することができます。市場では出回りませんから、ごく一部の人達から出資をお願いするようになりますが、実は株式は自己保有することも可能です。以前は自己保有に関する規制が設けられていたものの、法改正され、条件を満たせば自己保有できるように変更されています。
自己保有することのメリットは、他人に会社の権利を乗っ取られるリスクがなくなることです。規模の小さな中小企業の場合に、このメリットがとても有効に働きます。
上場をしていない中小企業の株式であっても、配当が発生することがあります。そのために株価が高めに推移する傾向が見られます。
配当は投資家にとって魅力的なものですが、価値が高まってしまうため、相続をするときに税金を多くとられるリスクが上がります。そのため、中小企業の場合は、配当がないケースが多くなっています。
中小企業が業績を伸ばし、将来的に上場を狙うのであれば、ローンを活用してみるとよいでしょう。出資してくれる人が少なくても、ローンがあればお金を調達することが可能です。中小企業向けのローンが存在しますので、好みのサービスを選ぶことをおすすめします。
銀行のサービスの他、消費者金融からも借りることができます。消費者金融の場合だと金利が高めになりますが、借りやすいのが魅力です。