株を始めたばかりのあなたはまだ知らないでしょう。初心者が特に気を付けた方がいい株の落とし穴ってご存知ですか?わからなかったあなたは当サイトで一緒に学んでいきましょう!

2016年07月の記事一覧

株に慣れてきた時の気の緩みは危険

株の投資において一番危険な時期は、株にも慣れ、こんなものかと思い始めたタイミングです。痛い目にも遭っておらず、それでいてある程度の好成績を出せたタイミングは自らを過信し、勘違いを生む原因となります。その勘違い、気の緩みが予期せぬトラブル、手痛いミスを招くことになります。手痛いミスの最たるものは売り時を間違うことです。株の売買が行われている段階で理由もなく目を離す行為は大変危険ですが、痛い目を見ていない人ほど、少しぐらい大丈夫だろうと思ってしまい、その場から離れてしまいます。そして、突然の暴落に対応できず、気がついたときにはあとの祭りということは往々にしてあります。もし、全財産をそこにつぎ込んでいるのであればあまりにも痛く、立ち直れないほどのダメージを負うことになります。株を始めたときはとても恐ろしいものとして、売買に関しても慎重な行動をとるようになります。しかし、経験を重ね、そこまで恐れるものではないと感じるようになり、その結果、気の緩みにつながってしまうのです。だからこそ、常に恐ろしいものであるという認識を持っておくことが大切です。
とはいえ、こうした気の緩みは株をやる人の誰もが経験したことであり、致し方のないことです。問題はその気の緩みによって生じた損失をどう捉えるかです。自分の責任でこうなってしまったと自戒し、二度とこうしたミスを犯さないようにすると肝に銘じるのか、それとももう二度と株取引はしないと心に誓うのかで全く異なります。株取引すら辞めてしまえば、その損失が無意味になってしまい、一方、とるべき行動、対応を再確認し、慎重な売買を取るようになればそこでの損失は確実に取り戻せます。気の緩みによるミスの時が、今後成長できるチャンスなのです。

続きを読む