株を始めたばかりのあなたはまだ知らないでしょう。初心者が特に気を付けた方がいい株の落とし穴ってご存知ですか?わからなかったあなたは当サイトで一緒に学んでいきましょう!

2016年09月の記事一覧

九州電力の配当支払いと株価の動きについて

九州電力は原発の稼働停止による収益の減少により、長く配当の支払いは中断していた銘柄です。2016年3月期における配当復活となりましたが、株価の低迷は続いています。ただし、年初来の上昇が大きかったことにより1株あたりの利益から見た理論株価よりは高い水準となっています。テクニカル的に分析すれば、この下げは上昇の反動による自律反落と見ることができます。チャートを見てみると、下げ続けている長期移動平均線に株価がぶつかる度に反落しているので、これが抵抗線として意識されていることは明らかです。ただし下値も限定されていることから、上下の変動幅が狭まってきているのがわかります。これは長期移動平均線を短期移動平均線が上に抜けるゴールデンクロスの形成につながるパターンであることから、テクニカル的には今後反転上昇することが予測できます。信用取引のデータを見てみると、これまではかなり高い信用倍率であったことがわかります。原発停止後の収益性の回復を期待しての買いが集まったものですが、それが良い意味で消化されています。そして信用倍率が再び増え始めていることから、これからの反転を予測する投機家が増えていることがわかります。九州電力株は比較的上下動の幅が大きいので、長期保有するにはそれなりのテクニックが必要になります。値動きに合わせて時に利益確定を行い、そして下げる場面で単価を下げるように買い増しをするのが想定される売買の方法となります。その上値と下値の判断も難しいので、チャートの読み方をしっかりとマスターすることが必要になります。現状では比較的わかりやすい動きとなるので、ポジションを作るのもそれほど難しくは無いものです。

続きを読む